夢のツールドフランスサイクリングコース体験談

長い夢が実現しました

トゥールマレー峠 オービスク峠

ツールドフランス・コースを完走!

いつかピレネー山脈のツールドフランスコース、トゥールマレー峠を走ってみたい! 長いあいだの夢が実現しました。 ルルドで待ち合わせ、アルジュレス・ガゾストArgeles-Gazostの民宿(シャンブルドット) に滞在し、自転車のレンタルから始まり、トゥーマレ峠、オービスク峠 完走! 支えてくれた妻に感動、感謝の旅でした。

 

アルジュレス・ガゾストArgeles-Gazost

ルルド駅での待ち合わせから始まった、3泊ピレネー山脈ツール・ド・フランスサイクリングコース。ルルドから車で約30分、どんどんピレネー山脈へと標高が高くなってくる、車窓からの景色を拝みながら着いたのはアルジュレス・ガゾスト ARGELESS GAZOST。ツール・ド・フランスサイクリングファンならかならず拠点となるピレネー山脈峠への入り口。まずは明日予定のトゥーマレー峠を走行するため、レンタルサイクリングのお店へ直行しました。

トゥールマレー峠

視界前がほとんど見えない最悪の天候のなか、トゥールマレー峠完走!残念ながら前日から”明日は天気が芳しくないな〜”という情報がはいってきました。そして、当日、目の前の視界がほとんど見えない悪環境のなか、それでも8月15日というフランスの大きな国民の祝日の日で、私以外にもたくさんのサイクリストたちでトゥールマレー峠を目指します。妻は車で後から、峠で待ち合わせをしよう!というプランでした。

ピレネー山脈 羊飼いのお祭り

フランス、8月15日はカトリックの4代祝日である聖母マリアの被昇天祭。フランスではクリスマス、昇天祭、諸聖人の日とともに4代カトリック祝日。ピレネー山脈でも各地で様々なお祭りがあるようです。トゥールマレー峠到着前、天気がかなり悪い中、たくさんの羊、観光客、マルシェで賑わっていました。もちろん楽しそうなお祭りを横目に峠を目指しました。

ピック・デュ・ミディ

ピック・デュ・ミディ展望台(2877m)へ。かなり悪天候であったので、ピック・デュ・ミディ展望台のチケット売り場で前もって購入したチケットをキャンセルするくらいの気持ちでした。受付のマダムが”心配しないで、2000メートルを超えたあたりで、太陽がでているから。と窓口にあるスクリーンからモニターテレビを見せてくれました。半信半疑でロープーウェイに乗って大正解でした。”雲の上の天国”、素晴らしい眺めでした。

オービスク峠

ピレネー= アトランティック県に位置する、オビスク峠(Col d'Aubisque)標高1709m完走! 前日のトゥールマレー峠の疲れもなく、ここまできたら、今日はオービスク峠を目指そう。前日の悪天候が嘘のような晴天に恵まれ快適なサイクリング環境。噂以上の素晴らしいピレネー山脈の景色、オービスク峠周辺ではあちこちに、羊の群れ、馬やロバにも出会えました。峠でピクニックも果たせ、最高に美味しいサンドウイッチで妻と乾杯!