必ず使いたいフランス語表現

☆挨拶 お店 レストラン

フランスを暮らすように旅する フランスホームステイ

フランスは日本または日本以上に”礼儀”を評価する国です。例えば、日本ではお店に入って品物を見る場合も、’無言でお店に入り、品物を物色し、無言でお店を出る’というフランスではかなりヒンシュクを買う行為がありますが、フランスでは必ず 次の挨拶をしてみてください。

 

Bonjour こんにちは、Bonsoir こんばんは!         お店に入る時。店員の姿を確認しながら挨拶します。

Merci  ありがとう。          何も購入しなくても、お店を出る時、やはり店員の姿を確認しながら。

Au revoir       Merci の後に”さようなら”

 

☆「美味しい!」表現方法 レストラン

フランスを暮らすように旅する フランスホームステイ

思ったことを気持ちよく表現するフランス人。

美味しいときには 「美味しい!」と言えればレストランがもっと楽しくなります。

 

C'est bon !   美味しい!

C'est très bon ! とっても美味しい!

 

表情表現が乏しいといわれがちな日本人、難しいことをいう必要はないけど、”美味しい”時は”美味しい”とはっきり言えることができれば相手にも気持ちが伝わります。

 

 

 

☆ 買い物シーン

フランスを暮らすように旅する フランスホームステイ

どんな質問をする際も、まずは

Excuse moi. すみません。

 

挨拶が大変重要な国フランス。いきなりぶっつけでの質問は相手が混乱してしまいます。

Excuse moi のあとに。

 

Combien ca coute? おいくらですか?

 

2 euro などの回答があった後は購入するしないのにかかわらず、

Merci  ありがとう。

D'accord  わかりました。

☆フランス人がよく使うカジュアルフランス語

フランスを暮らすように旅する フランスホームステイ

肩の力を抜いて、フランス人に挨拶をしたい!

 

A bientot!  またね!

Salut! こんにちは、またね、という複数のニュアンスがあります。親しい中では、ボンジュールよりもSalutを使います。

A plus. じゃあね。

A demain また明日!

 

食事の際にフランス人が聞くこの質問!

フランス料理ホームステイ フランス人ホームステイ 

Bon appétit ! 

食事の際に Bon appétit! と手を合わせると、必ずといって聞かれることが、”日本語ではどういうの?”

 

日本の”いただきます”とは少しニュアンスが違うけど、少しだけ”日本語のいただきます”の意味を教えます。Bon appetit が相手に対して、”さあ、召し上がってね”というのとは少し違うけど!

 

中級編 日常の動作

風呂にはいる Prendre une ouche

 スープを飲む

 Manger de la soupe

手袋を嵌める

Mettre des gants

靴下をはく

Enfiler des chaussettes

メガネをかける

Mettre des lunettes

メガネをはずす

Enlever des lunettes

靴をはく

Mettre des chaussures

マフラーをする

Mettre une écharpe

指輪をはめる

Mettre une bague

帽子をかぶる

Mettre un chapeau