· 

2022年7月、ラグビーフランス代表、来日決定?

先週をもって、オータムネーションズカップ、北半球対南半球(含む、日本等)の対戦はほぼ終了しました。フランスはアイルランド、イングランドとともに全勝。ウェールズやスコットランドもオーストラリアには勝利し、貫禄を見せました。

 

かたや、日本はスコットランドに敗戦。結果、欧州遠征は1勝2敗となりましたが、絶好調のアイルランドはともあれ、格下のポルトガルのバックスに掻き回されて苦戦、スコットランドにもトライ数では4対1と点差以上の格差を見せつけられました。

 

ワールドカップまでに、日本としてはもう少し国際試合の経験を積んでおきたいところですが、そのような中、2022年7月にフランス代表が来日するとの噂が飛び込んできました。毎年夏には、南半球にて国際試合が行われるのが恒例になっており、今週イングランドが豪州、アイルランドがニュージーランド、ウェールズが南ア、スコットランドがアルゼンチンへのツアーを正式に発表しました。イタリアはフィジー等のアイランダー勢との試合を早々に発表しており、あと残る国はフランスと日本ですので、自動的にこの組み合わせとなるとの噂になったわけです。

 

ただし、現在行われているフランス国内リーグの決勝は、6月の最終週のスケジュールとなっていますので、現在の隔離期間等の縛りを考えると、フランスサイドはベストメンバーが揃うというわけではなく、若手中心のチームにはなりそうです。しかも、梅雨明け間近の夏の日本が会場となりますから、疲労困憊のフランス代表に対して、日本代表も付け入るスキは十二分にありそうです。現在までの日本対フランスの対戦成績は「0勝9敗1引き分け」。歴史的な勝利を収めることができるのか?

 

ちなみに、2022年11月のオータムネーションズカップも、日本代表がフランスにて一試合行う予定との報道も出ています。場所はラグビーワールドカップ2023年で予選2試合を戦う、我がトウールーズのスタジアムが使用予定との噂で、こちらも楽しみではありますね。

 

(写真は、ラグビーワールドカップ2003年の対日本戦のもの。現監督のガルディエさんと伊藤剛臣さんの姿ですね)


執筆者 ムッシュF


ワールドカップ2023

【フランス開催】トゥールーズで乾杯しよう!