· 

閑話休題、ここのところのラグビーネタ、整理しました

 

 

今週、シックスネーションズはお休み。

ということで、それ以外のラグビーに関する話題をまとめてみました。

 

「ようやく発表、日本=フランス戦の開催」

速報ベースでもお知らせしましたが、日仏両ラグビー協会は、今夏にフランスチームが日本遠征することを正式に発表しました。

7/2 時間未定 愛知・豊田スタジアム

7/9 時間未定 東京・国立競技場

フランスでは、直前までTop14の決勝が行われていることから、主力メンバーは来日しないことが想定されます。ただ、

ここのところベンチメンバーは固定されつつある中、ガルティエ監督として起用してみたい若手選手はリストアップされるはず。昨年の豪州遠征でのジャミネやジュロンシュがそうであったように、大化けする可能性もあります。日本サイドでは、「飛車角抜きのフランスなら、勝てる可能性も」との記事も出ていますが、そうは問屋が卸さないでしょう。

 

「ようやく発表・ワールドカップ準決勝、決勝のチケット売出開始」

来週からワクチンパスポートとマスク着用義務を全面的に撤廃し、コロナ禍からの脱出を宣言したフランスですが、時を同じくして、ワールドカップ・ノックアウトステージのチケットの一部販売が発表されました。メンバー向けでは現地時間3/1518時、一般向けで現地時間3/1718時より、「準決勝二試合のパッケージ」か「決勝と三位決定戦二試合のパッケージ」のいずれかを選択することになります。ですが、前回同様にオンラインでの販売です。日本時間では深夜からHPに入り、ウトウトしながら長い列に待ち続けることになるのでしょうか。

 

「ようやく発表?・日本チームのキャンプ地はトゥールーズ」

これも先週、日本チームが11/19()にトゥールーズにてフランスと戦うことが正式に発表。ついでに、ワールドカップ事務局の重鎮・アッチャー氏が地元紙に「ワールドカップ期間中、日本はトゥールーズをキャンプ地とする」とリークしました。続いてトウールーズ市長は「多くの日本人客のトゥールーズ訪問を心から歓迎する」、またスタッド・トゥールーザン社長のラクロワ氏は「将来的にはスタッドの日本遠征ツアーも期待できる」とアドバルーンを挙げていました。確かにコロナ禍やウクライナ危機が落ち着けば、史上最大の日本人ファンがトゥールーズに大挙して訪れることにはなるでしょうが、「取らぬ狸」にならないことを期待したいですね。

 

 

 

執筆者 ムッシュF

 

ワールドカップ2023

【フランス開催】トゥールーズで乾杯しよう!