フレンチバスク

パワーチャージできる旅

大西洋側のフランスとスペインの国境をまたぐバスク地方。フランス側「フレンチバスク」は、パリジェンヌがお気に入りの高級避暑地。海バスクから眺める山バスクの独特な丘陵風景とスペインまでも楽しめる自然豊かな地。また美食の街としても注目の的。街のシンボルカラーは白を基調にしたパワーみなぎる赤&緑。伝統のバスク建築や食器など至る所に施されています。海では、高波を求めた若いサーファーたちや日焼けを楽しむシニアたち。山には、可愛いくて美味しい小さな村があちこちに点在。スペインバスクへも気軽に足を伸ばして、バル巡りに本場のバスクチーズケーキ、チャコリがお待ちかね。

 

バスクとひと口に言っても、楽しみ方もおススメスポットもたくさん。一般の観光ツアーでは、ガイドブックに載った場所を決められたコースで時間制限付きで巡りますが、フランスパラディは、自分好みの旅が実現できます。お天気に合わせた予定変更もお任せください。

 


主要スポット

エスプレット

Espelette

バスク料理の決め手、唐辛子が名産の元気で刺激的な村。


アイノア

Ainhoa

自然豊かな可愛い家並み「フランスの最も美しい村」


イツァスー

Itxassou

バスク菓子に欠かせないサクランボが名産の可愛い村。


ラ・リューヌ登山鉄道

La Rhune

可愛いトロッコ列車と侮るなかれ。急勾配と断崖を通過する車窓はパノラマ絵画。


ビアリッツ

Biarritz

王侯貴族の避暑地だった華麗なバスク建築の高級住宅街。


サン・ジャン・ド・リュズ

Saint-Jean-de-Luz

クルーザーが停泊するマリーナと可愛い町で味わう美食。


バイヨンヌ

Bayonne

世界遺産の大聖堂に、バイヨンヌハムとチョコに舌鼓。


グルメ

gourmet

仔羊の煮込み等のバスク料理。羊のチーズ、新鮮なサバに生ハム三昧。



フレンチバスクからスペインへ

国境を越えて気軽に行ける国

オンダリビア

Hondarribia

スペインの香り漂う海沿いの村へ。陸から行くか?海から行くか?


サン・セバスチャン

San Sebastián

星付きレストランの多い美食&アートの街。スペインきってのリゾート地。


バル巡り

Bar

お腹を空かせてから行きたいピンチョスの食べ歩き。何軒ハシゴできるかな?


チャコリワイナリー

Chacolí

収穫1年以内のフレッシュワイン。高所から注ぐ様が独特。ワイナリーで飲み比べ。



体験談

▶ 女子友5人旅

フランス語教室の仲間5人で貸切ツアー。3日間笑っぱなしの楽しい思い出の旅でした。山バスクと海バスクを満喫できました。


地元に愛される満席のレストラン

山の急勾配を登るラ・リューンヌ鉄道で絶景を体験した後、フランスの最も美しい村に認定されているサール村でランチ。名産の唐辛子は意外にマイルドなお味でした。シンプルで丈夫なバスクリネンは、オシャレでとても気に入りました。


フランスからスペインへ

フランスのヘンダイヤ船着場よりボートでわずか5分!スペインのオンダリビアへ!陸路では味わえない素敵な体験でした。同じバスクでも雰囲気の異なるスペインも素敵でした。次は宿泊してゆっくり滞在してみたいです。



▶ パティシエのお菓子旅

九州でパティスリー(お菓子屋)を経営しています。ホームステイ&バスク2泊のプライベートツアーをお願いしました。パティシエとしてフランス語も磨きたい、お菓子巡りもしたい、欲張りなリクエストが全て叶った夢のような旅になりました。


お菓子作りに参加

滞在中、名物ガトーバスク祭りがありました。フランス人に紛れて公開アトリエに参加。皆さん真剣で緊張感のある特別な体験ができました。自分が作ったお菓子は持ち帰ることができ、滞在先のアパルトマンで紅茶と一緒にいただきました。


マルシェでお買い物

初めてのフランス旅はパリ滞在のパックツアーで、マルシェへは行けませんでした。今回は訪問する機会が何度かあり、とても楽しく興味深い体験をさせていただきました。


憧れのアパルトマン滞在

初めてのアパルトマンは高級住宅街にあるビアリッツでした。キッチン付きで買ってきた食材を調理する。「暮らすように旅する」とはこういうことだと実感しました。



日程や希望の観光先等お伝えください。※ビジネス関係の視察や同行も行っています。


▶ お問い合わせ、旅のプンニング、ご予約、現地にいらっしゃるまで、全て日本語サポート。

▶ ご希望に応じたプランニングをいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。