· 

フランス観光地 レストラン定番メニュー

長い間、「ムール&フリット 」はフランス料理だと勘違いしていました。それくらい、フランスの観光地の多くのレストランで定番としてでてくる。 ちなみに「フライドボテト」はフランスでは”フリト”【frit】とよばれ老若男女の大好物。

 

ところで、話が脱線しますが、こういった名称的”フランス語”がじわじわと”アメリカ語”に変換されているのが、最近のフランスの傾向。若い人の日常会話に留まらず、新聞や活字の中にどんどんアメリカ語(あえて、英語ではなくインフルエンサー、アメリカ語)が進出していると正統フランス語を誇る、フランス人の間では、嘆きになっています。

 

フリットは”フレンチフライ”として世界制覇をしています。そのうち、フランス人もみずから、”フレンチフライ”とかいいだす時代がやってくるかもしれません。😆

 

さて、この度、本場ベルギーの「ムール・フリット」をベルギーに行くことなくフランスで、ベルギー人の家で食べる機会に恵まれました。

そして、本当の食べ方を拝見してきました。ムール貝は、空になった貝で身を挟んで食べます。私はどうもこの小さい身を小さい貝殻で挟む作業が苦手。ベルギー人夫婦のこなれた作業(?)を横目にしながら、フォークで食べました。 

 

実は本題は、ムール貝ではなく、やっぱり「フリット」。なんでこんなに違う!フランスのヨレヨレ、油ギトギトのフリットではなく、”サクサク”、それでいて、”ジューシー”。🤤食べ応えのある、ベルギー人の”フリット”。

 

ベルギー人夫婦が、”あんなフリット、食べられないよな〜。”と、フレンチフリットを酷評していました。😅

 

約10年前、ベルギーに初めて行ったときも、ベルギー人の家でステーキを食べるといって、お肉は自宅で料理するのですが、フリットをフリット専門店に買いに行った時は、”わーー、フリットだけを販売する屋台があるんだ!”と驚いたものです。ちなみに、飲み物はもちろんベルギー産ビールで乾杯!

 

美味しいフリットの作り方ポイントを教わりました。揚げ油に、”牛の油脂”をいれるのが”コツ”だとか。確かに、その味わい、納得しました。

 

               執筆者 田所

ムール&フリット