· 

ボンナニヴェセール! Bon anniversaire!

フランス語で「お誕生日おめでとう」はなんという?

 

Bon anniversaire! ボナ二ヴェセール。または Jaoyeux anniversaire! ジョワイュ ザニヴェセール。

フランス語ではお祝いごとになると、Bon や Jaoyeux を使った言い回しがおおいですね。

あとは、リエゾン。。。。これはフランス語を習い始めると同時にすぐに習得しないと、あとで大変なことになります。。。私の経験ですが、ついつい英語読みをしつづけて、何年たっても英語読みのままだという事態にもおちいります。フランス語が英語と大きく違うことを大雑把にいえば、英語では、”なんとか通じる”ものが、フランス語では”なんとか通じる”というのがありえないのです。フランス語はフランス人のように難しい?!😆

 

さて、本題です。誕生日に関わる儀式?がフランスではちょっと日本と違うことがあります。

 

例えば、フランスで会社勤めをしている、フランスで学生をしている。そんな場合、自分の誕生日の日には、自分が用意した、”誕生日ケーキ”を持参して、自ら、”今日は私の誕生日よ”と職場の同僚や、学校の仲間に、ケーキ屋飲み物を振舞う。または勤務後、学校が終わったあと、”みんなに一杯おごるわ” 誕生日を祝ってもらう、みんなに、”おめでとう”と祝ってもらう。案外このストレートな演出に慣れてしまうと、自ら演出する誕生日、悪くないなと思います。

 

私が学校に通っている時にこんな体験をしました。

学校といってもアダルトスクールで、いろんな年齢の方がいました。20歳から60歳近い人まで。私の誕生日がきたので、”隠して、根暗になるより、みんなでわかちあおう”と覚悟をしてケーキのホール一台を持参しました。

Its my birthday! 朝8時30分から、なぜか英語で自己申告。なぜか周囲がシーンとしていたのは、英語が通じていなかったんですね。😅 それでもケーキを食べながら、”ああ、君の誕生日か!” そのうち、ケーキは全部なくなりました。そのなかに一人席を外していた年配のムッシュがいて、”まあ、いいか、どこにいったかわからないけど、ケーキなんか別に恨みをかわないだろう”と。。。。しかし。。。。💦

ムッシュが教室に帰ってきました。

私のところにやってきたので、”わあー、ごめんなさい、ケーキ全部なくなったわ。🙇‍♀️”

”俺の分は隣の男が2個分食べたそうだ”

結構、真剣な顔つきで私に訴えます。

”えーーー!”どうしよう。💦

 

なんと私は昼休み、お菓子屋さんにいって、このムッシュのために、ケーキをひとつ買ってきました。

 

ムッシュは嬉しそうに、”美味しい”と素晴らしい笑顔。

 

ちなみに、私の誕生日なんですけど〜🤣

 

Bon anniversaire! 

執筆者 田所